ドラゴンボールのおまけ

仕事中に飲むコーヒーをコンビニへ買いに行きました。特にコダワリはないのですがチビチビと飲みたいので量が多めのものを買うことが多いんです。

今日は新発売のFIRE燻製珈琲BLACKにしてみましたが、これに決めた理由はドラゴンボールのおまけが付いていたから。
40代前半の私ですが、ドラゴンボールは名前を聞いただけで反応してしまうくらい好きなマンガです。

孫悟空、ヤムチャ、プーアル、亀仙人・・・懐かしすぎて大好きなキャラクター達。たまらないですね。

おそらくキリンさんはこういう人たちをターゲットにした商品だからドラゴンボールをおまけにつけたんでしょうね。私、どんぴしゃで買ってしまいましたよ。

ドラゴンボールのイヤホンジャック

これ実はイヤホンジャックになっていて携帯のイヤホンをさすところに付けられるんですよ。
さすがに恥ずかしいので付けませんが、いっぱい集めて願い事かなえてもらうかなと思ってます(笑)

疲労困憊

子供が出来たときに、しっかりと教育をしていきたいなと思ったりしました。

産む前には、こういうことをしてあげたいなとか、やってあげようとか、いろいろと考えました。

やっぱり勉強が出来ることってとても大切だと思います。

そして、それだけではなくて常識もしっかりと教育の一環として教えてあげないとと思いました。

したいなと思っていることはたくさんあったんですけど、実際に子育てをしていると、そう簡単にはいかないものですね。

毎日時間におわれて手いっぱいになっているのが現状です。

最近お疲れなのか、昼寝をしないと体がもたなくなってしまっています。

子供の勉強も見てやりたいんですが、なかなか難しい毎日が続いているので申し訳ないです。

栄養ドリンクかなにか飲みたいなと思っていて、ユンケルでも買おうかなと思っています。

少し元気を出さないと、毎日昼寝をしていては、子供との時間もどんどんと減ってしまいます。

家のこともちゃんとしないとなと思っています。

普通に食べてますけど

ここら辺はとにかくパン屋さんが多いです。

どこもそれなりに流行っていますね~バゲットのコンクールで金賞とったとか、無添加の“ビゴ”なども有名かな。それぞれ売りにしているものも違うようです。

 

まあ時々なら買ってもいいかな~やっぱり高いですからね。

でもここら辺の人は富裕層の人が多いから、みんな毎日のように通っているみたいですけど。

取り置きのパンなどがたくさん積まれていますし、高級車で乗り付けている光景なんかもよく見かけますよ。毎日袋いっぱいにパンを買っていく姿を見るとさすがにちょっと羨ましい。

 

そう言えば子どもの友達でもいましたね。「スーパーの食パンなんて食べたことない」とか言う子。これにはさすがにウチの子もショックを受けていました。うちなんかしょっちゅうこれなのに・・・「あんなの食べて美味しい?」と言われて返す言葉がなかったようです。普通に食べられますよね~。

食パンだけでもこんなにビックリさせられるなんて、富裕層の人たちって一体どんな生活しているんでしょうかね~

都会のコンビニ

コンビニのお世話になるのはものを購入するだけではない。今はあまり利用しないが、かつては荷物の配送にもずいぶんお世話になった。

そういえば、以前渋谷にいたとき重い荷物があってそれを持ち歩くのがいやでコンビニから自宅に送ろうとした。ところが渋谷駅周辺にコンビニがない!今だったらスマホで検索すれば出てくるだろうけど、あの時はどうやってみつけたのだったか…ずいぶん歩き回ってやっと東急本店の前のコンビニにたどり着いた思い出がある。

渋谷、新宿などの繁華街というのはコンビニを探すのは意外に大変なんだな、と実感した。地元だったら店舗はわからなくてもコンビニがありそうなところは何となく頭にはいっているものだが。

地方にいけば道路沿いにはコンビニがあるものだが、逆に公共交通の発達している都会にはなかなかないのかもしれない。東京駅だって、銀座だって、コンビニの場所は思い当たらない。

JRの駅だとNEW DAYSというコンビニもどきがあるが、あれは宅配便は扱っているのかな?

東南アジア諸国連合

安倍総理は初の外遊に東南アジア諸国連合(ASEAN)の中のベトナム、タイ、インドネシアを選んだ。アジア、特に東南アジアは日本にとってそれだけ重要な位置にあるといってもよいだろう。といってもこれは本当は最初に行きたかったアメリカにそでにされたという事情もあるのだろうが。

それでもやはり中国との関係が微妙になってきている今、ASEAN諸国との関係を強固なものにしていく、東南アジア外交の足固め、中国包囲網を作ることが大事であることは私でもわかる。

ベトナムは南沙諸島の領有権をめぐり中国と関係が悪くなっており、これは日本と立場が同じだ。共通の敵が存在する時は手をつないで対抗するのは争いごとの常とう手段。でも中国相手では他のアジア諸国がまとまってもかなわないような気もするが。

インドネシアは日本とはもともと有効な関係がある。インドネシアは人口も多くこれから経済成長が見込まれているので、その意味でもさらに関係を強固にしていく狙いがあるのだろう。また、インドネシアにはJKT48が今人気を博しているそうで、文化の交流もさかんらしい。

タイは、日本が一番の貿易相手国なのだそうだが、中国ともよい関係を続けているらしい。タイをどう取り込むかが今回の外遊の注目点なのだそうだ。