原子力発電と潜水艦

今から数か月前、毎週金曜日になると首相官邸をたくさんの反原発デモの人たちが取り囲んだのは記憶に新しいのだが、何万人とも云われたあの人たちは今どこに行ってしまったのだろうか。

他にも『そもそもあの人たちは本当に原発に反対してデモに参加したのだろうか?自民党政権になって原発はなくなると思っているのか?』などいろいろな疑問が湧いてくるのだが、少なくとも反原発デモは自民党政権下でこそ行うべきだと思う。

なぜなら、今までの原発政策を行ってきたのも、東京電力に裏でいろいろアレしてもらっている自民党議員と原発利権に絡んだ官僚たちで、民主党議員にはそんなシガラミ(というより東電に相手にされてなかった。)がなかった。

そして官僚などの物凄い抵抗に遭いながらも脱原発政策を進め、十数年で原発を無くすというところまで行ったのだが、自民党政権になったとたんにそんな事はなかった事にされてしまった。

そんな原発容認・東電大好きの自民党政権の今こそ原発反対のデモをやればいいと思うのだが。

ちなみに私は民主党支持者でもないし原発反対派でもないが、今の日本に50数基も原発はいらないと思う。